共に人生を歩める家とは?|加古川市・高砂市・姫路市リノベーション&リフォーム専門店eリノベ

施工対象エリア

加古川市、明石市、姫路市、
高砂市、播磨町、稲美町

お気軽にお問い合わせください。tel:0120-967-292

営業時間:9:00~18:00
(日曜・月曜定休)

BLOG共に人生を歩める家とは?

加古川市のリノベーション&増改築リフォーム専門店「eリノベ」のスタッフの中津と申します。

5月は、新型コロナウイルスにより変化し求められるようになった「おうち時間」「ステイホーム」に絡めた記事を書かせていただきました。(①住みやすい家、心地良い家とは?、②不便な家、危険な家とは?)
今回は、それらを踏まえた“共に人生を歩める家”について、お話いたします。

今後、実家や今のお住まいのリフォームをお考えの方は、是非最後までお読みください。

 

✔1.家は家族の人生を彩る

一口に「家」と言っても、マンションであったり、借家であったり、一軒家であったり、古かったり新しかったり、形は様々です。
「くつろぐ場所」や「家族が集まる場所」と捉える方、寝るために帰るための住処であると思う方、自分や家族の趣味や思い出が詰まった・思い出を育んでいく特別な場所だと思っている方まで、考え方も様々です。
そして、いずれにせよ、幸せな人生を実現するために不可欠な存在です。

もっとシンプルに捉えると、「生活を豊かに彩る存在」。
自分の暮らしに寄り添った家を考えることで、家族の健康的な暮らしを守り、経済的な支えにもなって、共に人生を歩む相棒ともなりうるものなのです。
それを確固たるものにするには、しっかりした知識を持って、どんな家に住みたいかを考えられたかも重要になってきます。

 

 

✔2.家には何年住む?

とても重要なことです。
「家」に関わる決断は、良くも悪くも、人生を左右する大きなものです。その家には、一体何年間住むことになるのでしょうか。
30年、40年、50年…子育てしやすく、老後も長く暮らせる家が理想です。
家族の暮らしを豊かにしてくれる家にすることは、これからの長い人生の中で起こりうる多くの可能性を見据えることが非常に重要となってきます。

 

 

✔3.家の寿命は?

「実際、この家にあと何年住める?」
「昭和後期に建てられた家に住んでいるけれど、もう寿命?」

このような悩みを抱えている方は少なくないと思います。

実際に住まいとして使える家の寿命は、以下のように住宅構造によって異なります。

(参考:国土交通省「期待耐用年数の導出及び内外装・設備の更新による価値向上について」)

どの構造体も寿命の幅が非常に広いという結果が出ています。
これは、同じ材質でも30年でダメになる場合がある…というわけではありません。

実際に築30年~40年以上ずっと住まいとして利用され続けている家もあれば、
築30年前後で解体され役割を終えた短命の家も存在するということです。

ずっと一緒に暮らせるポテンシャルがあるなら、長く住み続けたいですよね。

専門家に点検を依頼し、アップデートするべき場所を判断し、必要箇所をリフォーム・リノベーションして
よりよい毎日のためにケアしていくことが、家の寿命を延ばすことに繋がります。

 

 

✔5.まとめ

建物の再生にとらわれず、そこに暮らす皆様の気持ちを考え、家の特性を考え、
「一緒に生きていける家」を見据えて考えなければ、
本当の意味での安全・安心なリノベーションとはいえません。
だからこそ、我々eリノベが手掛けたいのは、単に見た目だけを綺麗にする表層リフォームではなく、
機能性を重視した住宅を蘇らせるリノベーション・フルリフォームです。

加古川市のリノベーション専門店eリノベでは築50年のお住まいをフルリフォームしたモデルハウスを公開中!

☞リノベーションモデルハウスで完成後をイメージしよう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

加古川市のリノベーションモデルハウス


加古川市のリノベーション専門店「eリノベ」。

”新築以上の感動を”をコンセプトに、耐震断熱収納2倍のリノベーションを行っております。

性能向上のリフォーム・間取りの自由変更・実家二世帯化・増築/減築・バリアフリーリフォームなども承っております。

【最新リノベーションイベントはこちら】
https://www.e-renovation.life/event/

【リノベーション展示場🏠見学はこちら】
https://www.e-renovation.life/modelhouse/

【🔰まずは資料請求はこちら】
https://www.e-renovation.life/contact/

【リノベーション施工事例はこちら】
https://www.e-renovation.

  • リノベーション展示場を見る
  • 迷ったら資料請求
  • 最新イベント情報