「ウッドショック」により高まるリフォーム・リノベーションの重要性|加古川市・高砂市・姫路市リノベーション&リフォーム専門店eリノベ

施工対象エリア

加古川市、明石市、姫路市、
高砂市、播磨町、稲美町

お気軽にお問い合わせください。tel:0120-967-292

営業時間:9:00~18:00
(日曜・月曜定休)

BLOG「ウッドショック」により高まるリフォーム・リノベーションの重要性

ウッドショック

加古川市のリノベーション&増改築リフォーム専門店「eリノベ」です。

 

今回は、“「ウッドショック」により高まるリフォーム・リノベーションの重要性”についてお話させていただきたいと思います。

 

リフォームやリノベーションが年々注目を集めていますが、今年4月から顕在化している “ウッドショック” により、ますますリフォーム・リノベーションの重要性が高まることが予期されています。

 

今後、新築住宅を建てられる予定のある方やリフォームをお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。

 


新型コロナによる生活環境への意識


 

テレワークや外出自粛による自宅時間の増加が増えたことで、ご自身の生活環境について改めて関心をお持ちになった方も多いのではないでしょうか。

内閣府の調査によると、リフォームやリノベーションにより家の修繕等に取り組む方が急激に増加したことが報告されています。

 

アメリカでも「生活環境をより良くしたい」というニーズが高まっており、住宅ローン金利の低さも相まって、郊外の新築住宅需要に火がつきました。

 

実は、この出来事が日本の住宅業界に大きな影響を与えています。

 


ウッドショックとは


 

その影響とは、「日本へ輸入される“木材量の激減”および“木材価格の高騰”」です。

 

これはウッドショックと呼ばれ、アメリカでの住宅建築増加を始め、カナダの供給体制縮小、中国による木材の買い集め、コンテナ船の不足など様々な要因が絡み合っているため、ウッドショックによる影響は長期化することが予想されています。

 

このウッドショックにより、新築住宅の価格高騰や建設着工遅延が懸念されています。

 


ウッドショックの根本的な原因と解決策


 

ウッドショックの根本的な原因とは何なのか。

それは「国産木材自給率の低さ」です。

日本では木材の約6割を海外の輸入材に依存しており、輸入状況に影響を受けやすい状況なのです。

 

これを根本から解決するには、国産木材のみで賄う体制が必要となります。

国産木材のみで賄うためのアプローチが二つあります。

 

一つ目が、国産木材の供給量を増やすことです。

しかし、木は植樹してから伐採までに50年~60年かかるため、このアプローチは長期的に取り組んでいく必要があります。

 

二つ目が、木材使用量を現在の4割まで減らすことです。

現在、国産木材で賄っている使用量の4割まで減らすことが出来れば、供給状況に影響を受けない体制を構築することができます。

弊社eリノベでは住宅のリフォーム・リノベーションを通じて、木材使用量の削減に貢献して参ります。

 


リフォーム・リノベーションの重要性


 

リフォーム・リノベーションでは、短期的 かつ 長期的”に木材使用量を削減することができます。

 

①短期的

リノベーションは既存物件の骨組みを再利用するため、施工時に使用する木材を大幅に削減することが可能です。

また、木材使用量を減らすことにより、費用面でも大きなメリットが受けられます。

このように、既存物件の骨組みを再利用することにより、建替え・新築費用の60~70%の価格で施工が可能です。

また、ウッドショックによる建設着工遅延の影響を受けることなく、お客様の希望に合わせて工事を進めていけることも大きなメリットの一つです。

 

②長期的

リノベーションにより新築住宅と遜色のない「耐震性や耐熱性」を付与することで、長く快適にお住まいいただけます。メンテナンスを行うことで80~100年住むことも可能であるため、新築を建てる必要がなくなり木材使用量を削減することができます。

 

また、リフォームやリノベーションの施工時に、優遇制度や補助金を受けられる制度が存在していることはご存知でしょうか。

このような補助金が設けられた理由は、日本の住宅寿命の短さにあります。

参考:国土交通省

上図から、諸外国と比較して日本の住宅寿命が著しく短いことがわかります。実際には築80年まで住むことが出来る家もあり、本来住まいとして使える状態であるにも関わらず解体されている中古住宅が多いのが日本の現状です。

近年では住宅寿命を伸ばすべく、リフォームやリノベーション施工時に様々な補助金や優遇制度が存在しているため、オトクに工事することが可能です。

※補助金の申請には施工内容や地域等の条件が存在しているため、お気軽にお問い合わせください。

 


 まとめ


 

ここまでご覧いただきいかがだったでしょうか。

今回のブログではリフォーム・リノベーションの重要性を“ウッドショック” を軸として、お話させていただきましたが、その他にも人口の減少や自然災害の増加など様々な要因があります。

 

SDGsの高まりなどに見られるように、住宅業界が建物を壊しては新築する「スクラップ&ビルド」から脱却し、既存住宅を長く使う「ストック活用」へ移行するのも遠い話ではございません。

 

リフォーム・リノベーションにご興味を持っていただけた方は、是非モデルハウスや施工事例などをご覧ください。

加古川市のリノベーション専門店eリノベでは築50年のお住まいをフルリフォームしたモデルハウス

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

加古川市のリノベーションモデルハウス


加古川市のリノベーション専門店「eリノベ」。

”新築以上の感動を”をコンセプトに、耐震断熱収納2倍のリノベーションを行っております。

性能向上のリフォーム・間取りの自由変更・実家二世帯化・増築/減築・バリアフリーリフォームなども承っております。

【最新リノベーションイベントはこちら】
https://www.e-renovation.life/event/

【リノベーション展示場 見学はこちら】
https://www.e-renovation.life/modelhouse/

【 まずは資料請求はこちら】
https://www.e-renovation.life/contact/

【リノベーション施工事例はこちら】
https://www.e-renovation.life/results/


 

 

  • リノベーション展示場を見る
  • 迷ったら資料請求
  • 最新イベント情報